病気で働けない収入なし 市役所に相談しても「働きなさい」

病気で働けなくなりました。離婚したばかりで、いろいろな心労などが重なったためだと思います。


頼れる人は誰もいなく、一人暮らしの為、収入かなかったら家賃も払えない状態です。多少の貯金はあった為最初の頃はそれで何とか質素に生活し、病院にも通っていました。しかし貯金は当然のように減っていきます。


病気=働けない=収入がない、この現象は最悪でした。決して甘えているわけでもないのです。

市役所にも相談に行きましたが、どんなに生活が辛い話をしても所詮人ごとなんですよね。


少しでも体調の良い時に市役所に行き相談しているので病気だとは思ってくれないようです。発作なんか頻繁に起こしていると言っても信用もしてくれないし、働きなさい。最後はそれです。働けるものなら働いていますって!最後は病院に通うお金も底を尽きてしまいました。


 最終的に頼ったのが、両親でした。本当は迷惑をかけたくなくずっと連絡せずにいましたが、自分一人の力では限界が来てしまったので、状況を打ち明けると、母は黙ってお金と食べ物を送ってくれました。本当に嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいでした。

このページの先頭へ