金がないと精神的にもつまる!でも考えようによってはそれを楽しむこともできる!

結構大きな病気にかかりました。

体に腫瘍ができ、幸いにも悪性ではなかったため命を脅かされるわけでもなかったのですが、神経にできてしまったため痺れや麻痺などの弊害も多く、開腹手術をして腫瘍を取るという決断をしました。

術後の経過も思わしくなく、働いていた職場をやめざるを得なくなりました。

当然、働いて収入を得るということができなくなります。

自分の体の条件をクリアする働き口は、そうそうあるわけではないので、収入の糸口もなくなってしまったのに、生活に必要なものはどんどん出て行くのでどうしようと頭を抱えていたりしました。

身近にあるものをオークションにかけて売ってみたり、副業までいかなくても、自分の趣味でやっているものづくりの作品をイベントに出て売ってみたり。

まだまだではあるけれども、少しずつ収益が増えてきたようにも思います。

月々の携帯代金や日常的に使用するものの支払期限が近づいてくると、払うべきものを払わねばいけないという圧迫感。

これを支払うと他に自分が少し食べてみたいなと思っているおいしそうなお菓子や、外食で一度は食べてみたいなと思っているお店に入ることはできずやりたいと思うこと全てをあきらめなければいけないという自分自身の思いにうんざりしたりします。

でも、自分の思いようによってはそういう状態を楽しめるようにもなってきたので逆にこの苦しみを本にでもして出版してしまおう位のスタンスでいることが大事なのかなと思っていたりします。

渦中の人間の戯言でした(笑)

このページの先頭へ