リストラされて失職。就職活動も決まらず貯金がどんどん減る生活

私が一番お金に困ったときというと、やはり失業していた時ですね。

私はサラリーマンとして普通に働いていたのですが、不景気のためか、運悪くリストラにあってしまい、失業者になってしまいました。

リストラを宣告されたときはお先真っ暗という気持ちになりましたが、私は日頃からその会社に不満もありましたし、やがて、こんな会社辞めてよかった。リストラにあってもなんてことない。転職のタイミングが来ただけだ、というポジティブな気持ちになっていきました。

しかし、失業者になり就職活動を始めてみると、新しい仕事先が全然決まらずに、貯金だけが減っていく生活になってしまいました。仕事がないからお金がないのです。

ついに貯金がつきかけ、どうしようもなくなったところで、私は親に事情を説明しお金を貸してもらいました。この時はとても情けない気持ちになりました。

それからアルバイトをしながら就職活動をし、なんとかサラリーマンに戻ることができたのですが、まさか自分があんな状態になるなんて思ってもいませんでしたよ。

このページの先頭へ